災害時でもウォーターサーバーが役に立つって本当?

地震大国日本では常に水を備蓄していたい!

地震大国日本では常に水を備蓄していたい!

災害はいつどこで起こるかわかりません。特に地震大国日本は大災害が起きやすいともいえます。そして災害でライフラインが止まった時、一番必要となるのが水なのです。

そのため普段から備蓄用飲料水としてペットボトルを買っている人もいると思いますが、定期的に買っては交換して常に新しい水を備蓄用で置いておくということは大変なことですし、いざというときに賞味期限が切れていたなんてことも考えられます。

そんな時でもウォーターサーバーがあれば、定期的にお水のボトルが配達されるので、常に新しい水のボトルが災害時の備蓄用飲料水としてストックされているのです。

災害時、断水が起こった場合1人あたり約3Lの水があれば数日は過ごすことができるというデータがあります。ウォーターサーバーのボトルは12Lのものであれば1本ストックがあるだけで、4人家族の備蓄になります。数本あればさらに安心できる備蓄量となります。

ウォーターサーバーは、もしものときの災害時の備えにもなる便利なものなのです。

災害時にまずスーパーから消えるのは「水」

災害時にまずスーパーから消えるのは「水」

東日本大震災では原発事故によりスーパーやコンビニなどで水の買い占めが起こり、ペットボトルの水が売り場から消えたという状況を経験した人も多いと思います。また被害が起きていない場所でさえ、スーパーやコンビニから水が消えました。そして消えたのは水だけでなく、水分補給となるお茶や氷、ジュースまで無くなったのです。このように大きな災害が起きると、被害地域であっても遠く離れた地域でも水などの買い占めが起きるのです。

実際に起きたこのような状況を教訓にして、いざという時の備えをしておくことが大切になります。

とくに赤ちゃんや小さい子どもがいる場合、ミルクのことを考えると安全な水の確保はとても重要になります。普段から安心安全な水が飲めるウォーターサーバーは、災害時には家族を守り、赤ちゃんや小さい子どもに安全なミルクを飲ませられる命綱となるのです。

ウォーターサーバーなら安全な水かいつでも飲める

ウォーターサーバーなら安全な水かいつでも飲める

ウォーターサーバーのボトルが備蓄用飲料水となることはわかっていただけたと思いますが、災害時など停電が起きた時でもウォーターサーバーの水を出す機能は使うことができます。電気は使えないので熱湯や冷水を使用することはできませんが、ボトルがセットされている状態で常温の水を出すことはできるのです。※くみ上げ式サーバーの場合は停電時に使用できません。

そして災害で水道の復旧が遅れても、電気さえ復旧すれば冷水や熱湯をすぐに使うことができます。ガスが使えなくても災害時にあたたかい食事をとることもできるのです。

被災地に給水車が入るようになったのが災害発生から3日後という数字もあります。実際、被災地では避難所にウォーターサーバーが何台も置かれている映像を見た人もいるかもしれませんが、安全な飲み水として利用されていたのです。

ウォーターサーバーがあることで普段の生活では備蓄となり、災害時でもサーバーが使えて安全なお水を確保することができるのです。

ページのトップへ戻る