ウォーターサーバーなら白湯もあっという間にできちゃう!

お風呂上がりや朝に飲ませたい白湯も簡単!

お風呂上がりや朝に飲ませたい白湯も簡単!

赤ちゃんが脱水症状にならないように飲ませたいのが白湯です。

ミルクや母乳で水分は足りているという意見もありますが、お風呂上がりや夏など汗をたくさんかく季節、朝起きた時などは白湯を飲ませることで水分補給になります。でも水分補給させたい場面にあらかじめ白湯を準備しておくのもなかなかめんどうですよね。たとえば赤ちゃんをバスチェアにのせて自分も一緒にお風呂に入って時間短縮、と思っているとつい忘れがちなのがお風呂上がりの白湯の準備。そんなときにもウォーターサーバーがあればお風呂上がりにすぐ白湯を飲ませることもできます。

白湯にはこのような水分補給以外にもメリットがたくさんあります。具体的な白湯のメリットについていろいろと調べてみました。

赤ちゃんに白湯を飲ませていい時期は生後2ヵ月から!

赤ちゃんに白湯を飲ませていい時期は生後2ヵ月から!

一般的に白湯は身体に良いと言われていますが、身体の機能が発達しきっていない赤ちゃんにいつ頃から与えていいのか、身体に悪影響はないのかなど悩むところがありますよね。

基本的には、生後1ヵ月頃のミルクを飲める量が少ない時期を避けた生後2ヵ月を目安に白湯を与えても大丈夫と言われています。少ししかミルクを飲めないときに白湯を与えてしまうと、満腹でミルクを飲めずに栄養が摂れなくなる危険があるので与えるタイミングに注意しましょう。

白湯には混合育児の準備や水分補給、離乳食に切り替えた時になりやすい便秘解消などに役立つ他、身体に良い働きを多く持つため早いうちから慣れておくといいでしょう。

白湯を飲ませること自体はとてもいいことですが、白湯を作るときの水には気を使わなくてはいけません。水道水には塩素やカルキが含まれているので身体の機能が未完全な赤ちゃんは免疫力の弱さから胃腸の調子を崩す、時にはアレルギー反応が出てしまう可能性もあります。

そのため白湯をつくるときには購入したミネラルウォーターやウォーターサーバーを使うお母さん・お父さんが増えてきています。一定の期間使うものなので、価格や手間がかからないかなどを比較して安全な水選びをしてくださいね。

ちなみに、ミネラルウォーターは「どこでも手に入りやすい」利点と沸騰させる手間があり、ウォーターサーバーは最初のみ商品選びと手続きの手間がありますが「定期的に届いて楽」「沸騰させる必要がない」というメリットがあります。

生後2ヵ月から飲ませても大丈夫な白湯は早いうちから与えることがオススメですが、飲ませるかどうかはお母さん・お父さんしだいです。与える場合は赤ちゃんの健康のためにも安全性の高い水を使いましょう。

白湯は虫歯や肥満防止に最適!

白湯は虫歯や肥満防止に最適!

白湯は赤ちゃんの虫歯予防や肥満防止になるって知ってましたか。

乳歯が生える前後のこの時期は大人の指にガーゼを巻いて、あるいは歯磨きシートを使って赤ちゃんのちっちゃな歯や歯茎部分を磨く歯磨きの練習が始まります。でもすんなり受け入れてくれる赤ちゃんはなかなかいません。このときに白湯を飲ませることで口の中がスッキリ洗い流されて虫歯予防になるのです。また白湯を飲む習慣がつくとミルク以外のものが口に入ることに慣れるので、次第に歯磨きもしやすくなってきます。嫌がる赤ちゃんに無理やり歯磨きをして歯磨き嫌いになるよりも、まずは白湯を飲ませて虫歯予防をしながら歯磨きに慣れさせることが大切です。

そしてこのように白湯を飲むようになると、水分補給が母乳やミルクから水に移行していきます。

赤ちゃんの水分補給に果汁を飲ませる人もいますが、果汁を飲むことがクセになると白湯は飲まなくなってしまいます。そうなると喉が渇いた時に甘いジュースしか飲まない子どもになることだってあるのです。小さい頃から甘いジュースなどを飲んで育つと肥満になることは想像がつくと思いますが、子ども世代の2型糖尿病などはこのような生活習慣から始まるのです。

ウォーターサーバーを使えば簡単に白湯を作れるので、赤ちゃんや子どもの頃から白湯を飲ませる習慣がつけやすくなります。

薬を飲ませやすくなったり、離乳食への移行にも!

薬を飲ませやすくなったり、離乳食への移行にも!

白湯を飲むことに慣れていると、薬を飲ませやすくなるというメリットもあります。

赤ちゃんには粉薬が処方されることが多いと思いますが、粉薬を飲ませるのはなかなかたいへんです。大人のように口にお水を含ませてから直に粉薬を入れるなんてことはできないので、少量の水で練ったり、水で溶かして液体にしてから飲ませるという方法をとります。白湯に慣れているとこれらの方法で比較的スムーズに飲ませることができるのです。

粉薬は1回飲んでおしまいではなく、1日2〜3回、5日程度飲み続けないといけないということが多くあります。なかなか飲んでくれないからと甘みのあるものに混ぜて飲ませると、毎回甘いものでしか薬を飲んでくれなくなることもあります。薬の効能を考えてもできるだけはじめから白湯であげる方がいいでしょう。また薬を飲ませるタイミングは食前食後など薬によって違います。どのタイミングでもウォーターサーバーがあれば、すぐに白湯の準備ができます。タイミングをはずすことなく飲ませることができるのでストレスがなく便利です。

さらに、白湯を飲ませることで離乳食への移行がスムーズになるというメリットもあります。

ミルクや母乳の味しか知らない赤ちゃんにとって離乳食は、口に入っても異物にしか思えず嫌がって吐き出してしまいます。離乳食を始める前に白湯に慣れさせておくと、ミルクや母乳以外の味を知ることができるので離乳食をスムーズに始めることができるのです。

ページのトップへ戻る