ウォーターサーバーで簡単にミルクを作れるって本当?

何かと大変な赤ちゃんのミルク作り

何かと大変な赤ちゃんのミルク作り

赤ちゃんのミルク作りはどうしてこんなに大変なんだろう、って思ったことありませんか。

赤ちゃんの口に入るミルクは細心の注意を払って作らなければなりませんし、大量に作って冷蔵庫に入れておくなんてこともできません。赤ちゃんが欲しがった時に、あるいはお腹がすく時間を見計らってその都度作らなければならないのです。衛生面でも温度調整の面でもとても気をつかうミルク作りですが、ウォーターサーバーを使えば簡単に衛生的なミルクが作れるんです。私は今現在ウォーターサーバーでミルク作りをしていますが、ウォーターサーバーがなかったら夜中のミルク作りは乗り越えられなかったと思っています。

通常の作り方と違ってとても簡単に作れる方法なのでぜひご紹介していきたいと思います。

簡単にお湯が使えるし衛生的!

簡単にお湯が使えるし衛生的!

ウォーターサーバーは、綺麗で衛生的なお水が出てくるというメリットのほかに、お湯がすぐに使えるという便利な機能があります。

ミルク作りには、まず粉ミルクを溶かすために熱湯が必要となります。一般的なウォーターサーバーの赤いレバーをひねるかあるいは赤いボタンを押すと熱湯がすぐに出てくるので、時間をかけずにミルクを溶かすことができるのです。量は少量しか必要のない熱湯ですが、粉ミルクはお湯でないと溶けません。この少量のお湯をやかんでいちいち沸かす手間は本当に大変ですし、夜中や赤ちゃんが泣いているときにガスを点けて煮沸して熱湯を作ってミルク作りをするのは精神的にもきついですよね。また衛生面を考えるとやかんもその都度洗わなければなりませんし、電気ポットはカルキなどの汚れがたまるので、定期的なカルキ除去も必要となります。水が綺麗でもやかんやポットなどが不衛生では、赤ちゃんの口に入る安全なミルクは作れません。

その点ウォーターサーバーは1年から2年に1回程度のサーバーメンテナンスだけで衛生的に使うことができます。定期的なサーバーメンテナンスでは新品のサーバーに取り替えてくれる業者もあります。

定期的なメンテナンスは必要ですが、衛生面を考えても、ウォーターサーバーはミルク作りにとても便利なのです。

温度調整も簡単!

温度調整も簡単!

粉ミルクを溶かすお湯はウォーターサーバーで簡単に使えることがわかったと思います。ウォーターサーバーでミルク作りが簡単にできる点はもう一つ、温度調整も簡単にできる、ということです。溶かしたてのミルクは熱いので、冷水を使って調整すれば出来上がりです。

ウォーターサーバーを使わない通常の作り方だと、お湯を沸かして粉ミルクを溶かし、そのあとは煮沸して冷ました水を足しながら温度調整をします。冷めきらないお湯を足してもまだまだ熱いミルクですから哺乳瓶を流水に当てながら、時々手の甲にミルクを落として適温になっているかを確認します。夜中にミルクを作るこの工程、本当に面倒ですよね。少し熱いけど、まいっか、とあげてしまうと赤ちゃんは大泣きです。空腹で泣いてた赤ちゃんはさらに大泣きで、ママも泣きたくなりますよね。

ウォーターサーバーを使えば難しいミルクの温度調整は一気に解決します。こんな大変な思いをすることもありません。衛生的なお水がすぐにお湯として使えて、難しい温度調整も冷水温水を使えば簡単にできるウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルク作りにぴったりなのです。

ページのトップへ戻る