ウォーターサーバーがある育児とない育児の違いとは?
  1. ウォーターサーバーがある育児とない育児の違い

ウォーターサーバーがあるとないではどう違うのか?

ウォーターサーバーがあるとないではどう違うのか?

育児は気が抜けない場面が多くあり、特に一人目ママはすべてにおいてがんばってしまう傾向があります。

そこで大きな助けになるのがウォーターサーバーです。ウォーターサーバーが家にあれば便利だろうなと思う人は多いと思いますが、具体的に育児がどのように楽になるのでしょうか。私のまわりの先輩ママたちも、二人目三人目の育児にはウォーターサーバーが要所要所に自然に組み込まれています。ウォーターサーバーを飲料水としてだけでなく、赤ちゃんの成長段階に合わせて上手に使っているのです。そんな先輩ママたちの上手な使い方を勉強しながら私も育児に取り入れている日々です。

ここでは、ウォーターサーバーの「綺麗なお水がすぐに飲める」「お湯を沸かす習慣がなくなる」というメリットを紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

綺麗なお水がすぐに飲める

綺麗なお水がすぐに飲める

生まれたての赤ちゃんの口に入るのはミルクか母乳です。ミルクの場合、水分とミルクの栄養素が赤ちゃんの細胞分裂に影響してどんどん成長していきます。赤ちゃんにとって安心安全で綺麗なお水は重要不可欠、おとな以上に大切なものとなるのです。綺麗なお水を、ということだけを考えれば水道水ではなくペットボトルのミネラルウォーターを購入すればいいと考える人もいますよね。しかしいざ育児をしていくと「綺麗なお水」とともに重要なのが「時間をかけずにすぐ飲める」ことなのです。少しでも時間短縮できることはしていかないとママの体は持ちません。

そこで利用して欲しいのが「綺麗で安心なお水を」「時間をかけずにすぐ飲める」この重要な2点が両立しているウォーターサーバーです。ウォーターサーバーで綺麗なお水が使えれば、ミルク作りや白湯作り、すぐに始まる離乳食作りと育児の食の部分が楽になります。

生まれたての赤ちゃんには母乳だけと考え母乳がしっかり出ているママも、自分の体に取り入れるお水が母乳になっていることを忘れないでください。母乳育児をしているママにとっても綺麗なお水を体に取り入れることはとても大切なことなのです。

お湯を沸かす習慣がなくなる

お湯を沸かす習慣がなくなる

日本の水道水は安全で体に取り入れても大丈夫という人もいますが、やはり抵抗力の弱い赤ちゃんには与えない方がいいです。それは水道水には塩素やカルキが入っているので、まだまだ未熟な赤ちゃんの内臓にとっての負担が大きくなってしまうからです。

水道水はそのまま使うのではなく、沸騰させれば塩素やカルキを除去できるので赤ちゃんにも与えることはできます。しかしその煮沸時間は約10分。ミルク作りや白湯作りに離乳食作り、これらを作るのに水道水をいちいち煮沸させてから作るととても時間がかかって面倒ですよね。さらに赤ちゃんの食事は、大人のように1日3食ではなく1日4、5回以上作る時期だってあるのです。

ウォーターサーバーは冷水だけでなく温水がすぐに使えるので、面倒だったお湯を沸かす習慣がなくなります。お湯を沸かさないと作れなかった赤ちゃんの食事がストレスなく時間短縮で作れるようになるので、その分育児も楽になりますよ。

ページのトップへ戻る