ウォーターサーバーっていくらくらいかかるの?

ウォーターサーバーっていくらくらいかかるか知っていますか?

ウォーターサーバーっていくらくらいかかるか知っていますか?

何十社とあるウォーターサーバーの業者ですが、それぞれ料金設定などのシステムが違います。またお得になるキャンペーンがあるところもあり、一体費用はいくらかかるのかわかりませんよね。

ウォーターサーバーは1回限り費用を払えばずっと使えるというものではありません。消耗品となる水は使えばその分お水代がかかりますし、サーバー自体のレンタル料や毎月の電気代もかかります。その他にもペットボトルのお水を購入するのとは違い、いろいろな維持費がかかります。お水代が安いとうたっていても、サーバーレンタル料が高かったり、電気代のかかるサーバーだったり、とウォーターサーバーの費用は全体でかかるコストで比較しないと実際にかかる費用は見えてこない場合があります。

多くの業者で共通しているウォーターサーバーの基本的なシステムなどとともに、おおよその費用などを説明していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

初期費用やサーバーレンタル代はこれくらい

初期費用やサーバーレンタル代はこれくらい

ウォーターサーバーを導入すると、最初にかかるのが、サーバーレンタル料とお水の入ったボトル代です。

サーバーのレンタル料は1ヶ月500円から1,500円程度ですが、無料というところもあります。レンタル料が高めのサーバーはサーバー自体がエコ仕様だったりエコ機能が付いているものが多いので、その分月々の電気代が安くなります。レンタル料だけでなく、サーバーの仕様もチェックしましょう。

そしてお水が入ったボトル代は、ボトルの大きさ(水の量)や中身の水が天然水かRO水かで料金は変わってきます。12LボトルのRO水で1,000円から、天然水だと2,000円くらいと幅があります。

ボトルをどのくらい使用するかは家族の人数などによりますが、基本的にかかる費用としては毎月のサーバーレンタル代とお水の入ったボトル代になります。サーバーレンタル代が無料でも月々に頼むボトルの数が規定に満たない場合は有料になるところもあるので、契約時に必ず確認しましょう。

またボトル代は使う分を注文するシステムと、月に何本といった注文ノルマを決めての契約となるシステムがあります。単にお水の単価の比較だけでなく、どのようなシステムなのかをあらかじめ確認しておく必要もあります。

メンテナンスや送料が必要な場合も

初期費用やサーバーレンタル代はこれくらい

ウォーターサーバーにはレンタル代やボトル代とは別にサーバーのメンテナンス料がかかります。業者にもよりますが、1〜2年に1度サーバー本体をメンテナンスする料金となります。年間でまとめて支払うこともあれば、毎月のレンタル代に含まれている場合もあります。業者によって支払い方が違うので、後から請求されてトラブルにならないよう事前に確認しておきましょう。最近は高機能サーバーも多くなり、サーバー自体にクリーンシステムが搭載されているものもあります。この場合メンテナンスの必要がなくなり、メンテナンス料がかからないこともあります。

また、ボトル代とは別にこのボトル自体を配送してもらう送料がかかる場合もあります。送料は無料というところもありますが、その場合1回の配送単位を2本〜3本単位としているところが多いようです。また、全国送料無料でも対応していない地域は有料になったり、天然水の場合は採水地に近い地域は無料というところもあります。送料がかかると月々のコストも違ってきますので、この点も確認を忘れないようにしましょう。

さらに忘れがちなのが電気料金です。業者に支払う料金ではありませんが、サーバーを使うと電気代がかかります。エコタイプのサーバーだと月々の電気料金は500円前後、通常タイプのサーバーだと1,000円前後になるようです。サーバーのレンタル代は通常タイプのものは安い料金だったり無料というところもありますが、エコサーバーだとレンタル代が月1,000円以上かかるものもあります。性能の良いサーバーであればあるほどレンタル代も高くなるようですが、その分電気代は安くなります。月にかかるボトル代などと合わせてトータルで考えましょう。

ページのトップへ戻る